女性の先生

更年期障害を治療しよう~崩れたホルモンバランスを改善

早めの受診が大切

女性

更年期障害の症状は、めまいや肩こり、頭痛、関節痛などの身体的なものだけではなく、気分の落ち込みやイライラ感、不安感などの精神的なものなど様々なです。症状によって、診療を受ける診療科を選ぶことが出来ます。しかし、更年期障害が疑われるという場合には、更年期外来を訪れることをおすすめします。最近では、更年期外来が設けられている医療機関も多くなってきています。更年期外来では、一人ひとりの症状に合わせた治療が行われます。受診するタイミングとしては、生理周期に乱れがあるという場合や倦怠感やのぼせが続くなど、更年期障害特有の症状が出ているという場合には、早めに受診するということが大切になります。我慢することは避けましょう。

更年期障害の治療には、様々な方法があります。主流はホルモン補充療法ですが、その他にも漢方薬を使用した治療法もあります。また、うつ症状や不安感などの精神的な症状が見られるという場合には、カウンセリングなどの治療が行われることもあります。更年期外来では、専門的な治療を受けることが出来るということもあり、人気があります。なお、現在主流となっているホルモン補充療法ですが、足りなくなったホルモンを補うことにより、のぼせやほてり、自立神経失調症状を軽減させる効果を期待することが出来るとされています。内服薬や貼薬、塗り薬などから選択することが出来ます。なお、治療を受ける場合にはしっかりと医師にリスクを含めて確認するようにしましょう。